新着情報

News

HOME新着情報 > 東日本大震災語りべシンポジウム「かたりつぎ in 宮城学院女子大学」 (2019年3月9日開催)

シンポジウム 2019年1月7日 東日本大震災語りべシンポジウム「かたりつぎ in 宮城学院女子大学」 (2019年3月9日開催)

2019kataritsugi-th

東日本大震災の記憶と記録を後世に伝え残す、東日本大震災語りべシンポジウム「かたりつぎ〜朗読と音楽の集い〜」を今年度も開催します。

東北の被災地は復興したか?
あの日から、8年の歳月が経とうとしています。
土埃が舞っていた土地には新しい町並みが現れ始め、仮設住宅にお住まいの方も少なくなりました。しかし、被災された方がその現実を意識しなくなるまでには長い時がかかり、すべてのサイクルが終わるまでは、さらに大きな時間を要します。

生活の再建が実感できるのは、被災して失った「住まい」「つながり」「まち」「心と身体の健康」、そして「経済」や「とりまく環境」が整った時です。とりわけ心の復興には長い時間がかかりますし、復興住宅ではコミュニティの再構築に悩む方もたくさんおられます。

今年は、震災後に始まった活動や支援がどのように発展、継続されているのかをテーマにお伝えします。

<七人の記憶>
・全町避難となった自治体職員として(福島県双葉町 大住宗重さん)
・ありがとうの黄色いハンカチ(宮城県山元町 渡辺修次さん)
・震災によって生まれた新しい絆(宮城県石巻市 岩元暁子さん)
・子どもたちの笑顔を救うために(岩手県大槌町 佐々木夏未さん)
・その先に、父へ(青森県八戸市 島守央子さん)
・ラスト・サムライと呼ばれ(福島県富岡町 松村直登さん)
・目には見えない心の復興のためにーカフェデモンクの僧侶としてー(宮城県栗原市 金田諦應さん)

リアルタイム配信

※リアルタイムの配信は,2019年3月9日(土)14:25分から開始予定です。
URL等は,後日,本HPで掲載します.

開催情報

日時:2019年3月9日(土)
開場:13:30
開演:14:30(16:30終演予定)
会場:宮城学院女子大学 大学講堂(〒981-8557 仙台市青葉区桜ケ丘9-1-1,TEL 022-279-1311) *アクセス

入場無料(要申込み・要入場券)全席自由 *未就学児のご入場はご遠慮下さい。
※往復ハガキによる申込みが必要です。(2月15日消印有効)下記申込み方法をご参照下さい。
抽選ではありませんので、重複してのお申し込みはご遠慮下さい。
先着順、定員になり次第締切り。定員になり次第このHPにてお知らせします。

【出演】順不同
朗読:竹下景子(俳優)
講演:平本福子(宮城学院女子大学 教授)「宮城学院らしい災害ボランティアをめざして」
報告:柴山明寛(東北大学災害科学国際研究所 准教授)「みちのく震録伝の取り組み」
演奏:名雪祥代Quartet 名雪祥代(sax)/谷川賢作(pf)/小美濃悠太(bass)/橋本学(drums)
演奏:宮城学院中学校・高等学校生(ハンドベル班・音楽班・オーケストラ班)
背景映像:清水大輔(タイムラプス・ハイパーラプス影像専門クリエーター)

主催:宮城学院女子大学、東北大学災害科学国際研究所、かたりつぎ仙台実行委員会、復興支援コンサート実行委員会(神戸)
後援:宮城県、岩手県、福島県、仙台市、石巻市、栗原市、山元町、八戸市、岩手県大槌町、福島県双葉町、 (公財)仙台市市民文化事業団、NHK仙台放送局、TBC東北放送、KHB東日本放送、ミヤギテレビ、仙台放送、FM仙台、河北新報社、毎日新聞仙台支局、産経新聞社東北総局、朝日新聞社仙台総局、読売新聞東北総局
協賛:株式会社清月記、積水ハウス株式会社、凸版印刷株式会社、石窯パン工房ばーすでい、花壇自動車大学校

プログラム

(0)ウェルカムステージ 名雪祥代Quartet
(1)挨拶   平川 新学長(宮城学院女子大学)
(2)講演  平本 福子 教授『宮城学院らしい災害ボランティアをめざして』
(3)報告  柴山明寛准教授『みちのく震録伝の取り組み』
(4)演奏  宮城学院中学校・高等校生(ハンドベル班・音楽班・オーケストラ班)

・・・・・休憩

(5)かたりつぎ ~朗読と音楽の集い~
*朗読  竹下 景子(俳優)
*演奏  名雪祥代Quartet
*映像  清水大輔

司会:飯田利加

朗読台本:水月りの(詩人)
舞台監督:白津守康(株式会社BBI)
演出:志賀野桂一(白河文化交流館コミネス館長)
事務局:小野円(かたりつぎ仙台実行委員会)

申込み方法

<往復ハガキ> 往復はがきに下記を記載のうえお申し込みください。
往信面の裏:①希望人数(1名 or 2名)※ハガキ1枚につき2名まで申込み可能
②郵便番号、ご住所
③申込みされた方のお名前
④お電話番号
返信面の表:郵便番号、住所、氏名
送り先:〒980-8799 仙台中央郵便局留「かたりつぎ」係
往復ハガキ申込締切:2019年2月15日(金)(消印有効)

開催概要と趣旨

今回で8回目(東北大の主催では7回目)となるこの催事は、「みちのく震録伝」の取材した証言記録を、聴きやすい「詩」に編集し、女優の竹下景子さんが音楽とともにメッセージしていく企画です。この事業は、講演や「みちのく震録伝」の取り組みの報告を盛り込み、学際的な企画として構成しています。多くの方に、東日本大震災の実際の体験が語り継がれ、今後の防災、減災教育に役立てられるとともに、震災にまつわる物語の『語り部』育成へとつながることを期待し、被災地復興に向けた様々な取り組みを紹介する場としています。

お問い合わせ等

かたりつぎ事務局 090-7663-4102

  • 動画でふりかえる3.11
  • 3.11からの学びデータベース
  • 震災教訓文献データベース
  • 津波痕跡データベース
  • 日本災害DIGITALアーカイブ
  • ひなぎく|国立国会図書館東日本大震災アーカイブ