新着情報

News

HOME新着情報 > 令和3年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-震災記録を残す、伝える、活かす-(2022年1月10日開催)

シンポジウム 2021年11月4日 令和3年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-震災記録を残す、伝える、活かす-(2022年1月10日開催)

【最終】チラシ1

国立国会図書館と東北大学災害科学国際研究所は、「東日本大震災アーカイブシンポジウム」を開催いたします。

震災記録の伝承に向けて様々なアーカイブの取組が行われていますが、単に震災記録を収集・保存するだけでなく、東日本大震災の記憶と教訓を後世へ継承していくために復興事業や防災・減災対策、教育など様々な分野で利活用されることが期待されています。

本シンポジウムでは、被災地における震災記録の保存・利活用に向けた草の根の市民団体における取組や長野県及び岐阜県におけるアーカイブの構築・活用の事例を紹介するとともに、登壇者全員により震災アーカイブの利活用促進について議論します。

プログラム(敬称略) [資料]は、2022年1月7日(金)9時に掲載します。

【事例報告】
“体験を同期する”というアーカイブの使い方” 3.11オモイデアーカイブ代表
佐藤 正実
伝承活動から見たアーカイブ活用の現状と課題 3.11メモリアルネットワーク代表(宮城教育大学特任教授)
武田 真一
震災の記憶をどう受け継ぐか-2014年神城断層地震震災アーカイブの取組み 信州大学学術研究院教育学系・教授
廣内 大助
みんなで作り、活用するプラットフォーム「災害アーカイブぎふ」プロジェクト 岐阜大学流域圏科学研究センター准教授
小山 真紀
【進捗報告】
ひなぎくにおける閉鎖アーカイブの承継と利活用に向けた取組について 国立国会図書館電子情報部主任司書
中川 透 
震災アーカイブの利活用について 東北大学災害科学国際研究所准教授
柴山 明寛
【パネルディスカッション】
  震災記録を残す、伝える、活かす-震災アーカイブの利活用促進に向けて- (進行)東北大学災害科学国際研究所准教授
柴山 明寛
    (パネリスト)報告者全員

日時・会場

日時:令和4年1月10日(月曜・祝日) 午後1時から4時まで(開場12時30分)
会場:東北大学災害科学国際研究所  1F 多目的ホール(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
およびオンライン開催(ハイブリッド開催)
共催:東北大学災害科学国際研究所・国立国会図書館

参加方法及び参加申込み

(1)参加方法:会場参加、もしくはオンライン参加のいずれか

(2)定 員:会場参加 80名 オンライン参加 200名(先着順)
定員に達した時点で受付を終了します。※このページでお知らせします。

(3)参加費:無料

(4)参加申込み:参加を御希望の方は、こちらのお申し込みフォーム からお申し込みください。
※1 送信後、受付完了メール(自動返信)が届きます。(届かない場合は、mono@irides.tohoku.ac.jp までご連絡ください)
※2 フォームを開けない場合は必要情報を記載のうえ、以下のメールアドレスまでご送付ください。
E-mail:archiveforum* irides.tohoku.ac.jp(* を@に置き換えて下さい)
必要情報 ①氏名 ②ふりがな ③ご所属 ④メールアドレス ⑤電話(※任意) ⑥希望する参加方法(来場 or オンライン)
申込み期限:2022年1月6日(木)12時まで

(5)視聴案内:
1月6日(木)午後1時に、オンライン参加(視聴)のご案内をメールでお送りします。
なお、このオンライン参加(視聴)案内は、申し込みされた全員に送ります。会場参加で申し込まれた方でも、当日、体調に不安がある場合にはオンラインでに変更してのご参加をお勧めします。

 

お問い合わせ

東北大学災害科学国際研究所 災害人文社会研究部門 災害文化アーカイブ研究分野
担当:小野、柴山
電話番号:022(752)2099
E-mail:archiveforum* irides.tohoku.ac.jp(* を@に置き換えて下さい)

  • 動画でふりかえる3.11
  • 3.11からの学びデータベース
  • 震災教訓文献データベース
  • 津波痕跡データベース
  • 日本災害DIGITALアーカイブ
  • ひなぎく|国立国会図書館東日本大震災アーカイブ
  • いわて震災津波アーカイブ