みちのく震録伝とは

Project

HOMEみちのく震録伝とは

みちのく・いまをつたえ隊

東日本大震災の被災地において、震災やその後の被災地の記録や証言の収集をはじめ、住民の方々の現在の暮らしや日頃の考え、未来への想いなど、地域のさまざまな「残したい、伝えたい」情報を収集する活動。現在、宮城県沿岸15市町で活動。活動員は公募を通じて、各地域の住民の方々に依頼している。また、この活動は、IRIDeSによる東日本大震災アーカイブ・プロジェクト「みちのく震録伝」の活動の一環として実施している。

いまをつたえ隊の活動状況
IRIDeS Report Vol.4
IRIDeS Report Vol.3
IRIDeS Report Vol.2
IRIDeS Report Vol.1

  • 動画でふりかえる3.11
  • 3.11からの学びデータベース
  • 震災教訓文献データベース
  • 津波痕跡データベース
  • 日本災害DIGITALアーカイブ
  • ひなぎく|国立国会図書館東日本大震災アーカイブ