新着情報

News

HOME新着情報 > 令和2年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-これまでの10年とこれからの10年-(2021年1月11日開催)

シンポジウム 2020年11月12日 令和2年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-これまでの10年とこれからの10年-(2021年1月11日開催)

国立国会図書館と東北大学災害科学国際研究所は、「東日本大震災アーカイブシンポジウム」を開催いたします。
令和3年は東日本大震災の発災から10年の節目の年となります。この間、各地で東日本大震災に関するアーカイブが構築され、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称:ひなぎく)を通じた連携が実現しています。
本シンポジウムでは、東日本大震災の被災地における震災アーカイブの事例報告を行うほか、震災アーカイブに関する有識者を招き、東日本大震災に関するアーカイブのこれまでの取組を総括し、今後の方向性について議論します。

日時

日時:令和3年1月11日(月・祝日) 午後2時から4時まで
開催方法:ウェブ会議システム(Zoom)によるオンライン開催
共催:東北大学災害科学国際研究所・国立国会図書館

参加及び参加申込み

(1)定 員:300名(受付は先着順。定員に達した時点で終了し、こちらでお知らせします。)
(2)参加費:無料
(3)参加申込み:参加を御希望の方は、こちらのお申し込みフォーム からお申し込みください。
※もしフォームを開けない場合は、①氏名、②ふりがな、③ご所属、④メールアドレスを記載のうえ、以下のメールアドレスまでご送付ください。
E-mail:archiveforum* irides.tohoku.ac.jp(* を@に置き換えて下さい)
申込み期限:2021年1月7日(木)12時まで
(4)参加方法:Zoomというウェブ会議システムを使用します。

1月7日(木)午後に、参加(視聴)方法のお知らせをメールします。

 

プログラム(敬称略)

【事例報告】
「大槌町震災アーカイブ~つむぎ~の取組について」            大槌町副町長 北田竹美
「東日本大震災・原子力災害伝承館における取組について」        福島イノベーション・コースト構想推進機構東日本大震災・原子力災害伝承館  事業課課長代理 瀬戸真之

【総括報告】
「東日本大震災アーカイブ宮城の10年」   宮城県図書館資料奉仕部震災文庫整備班主事 日比遼太
「メディアと震災アーカイブの10年」   NHK放送文化研究所メディア研究部主任研究員 山口 勝
「震災アーカイブの10年-ひなぎくとの連携を通じて」国立国会図書館電子情報部主任司書 中川 透
「震災アーカイブのこれまでの10年とこれからの10年」東北大学災害科学国際研究所准教授 柴山明寛

【パネルディスカッション】「これまでの10年とこれからの10年」
(進行)               東北大学災害科学国際研究所准教授  柴山明寛
(パネリスト) 岩手大学教授、東日本大震災津波伝承館運営協議会会長  南 正昭
上記報告者全員

お問い合わせ

東北大学災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 災害アーカイブ研究分野
担当:小野、柴山
電話番号:022(752)2099
E-mail:archiveforum* irides.tohoku.ac.jp(* を@に置き換えて下さい)

シンポジウム 2020年2月28日 東日本大震災語りべシンポジウム「かたりつぎ in 大船渡」 (3月13日より動画配信中)

kataritsugi2019r1

「かたりつぎ~朗読と音楽の集い~」公演の無観客実施について

令和2年3月7日(土)14時〜16時 大船渡市民文化会館リアスホールにおいて公演を予定しておりました「かたりつぎ~朗読と音楽の集い~」について、新型コロナウイルス感染症対策についての政府要請に従い、動画中継のみの無観客実施とすることに決定しました。
これに伴い入場券をお持ちのお客様であっても入場はお断りいたします。ご来場を楽しみにしておられたお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

インターネット配信のご案内

令和2年3月7日(土)14時〜16時の間に、本催事のインターネット中継を行っておりましたが、一部の方から中継が止まるなどのトラブル報告があったことから、本サイトで録画した催事をYoutubeで配信することが決定しました。下記のサイトから録画された催事をご覧ください。

柴山明寛(かたりつぎ仙台実行委員会代表,東北大学災害科学国際研究所准教授)


専用ウェブサイトで観覧する場合は,こちらからYoutube

概要

このたび、東北大学災害科学国際研究所・大船渡市は、国内外の防災・減災意識向上 と震災教訓の伝承を目的に、「東日本大震災アーカイブ 語り部シンポジウム かたりつぎ ~朗読と音楽の集い~」を下記のとおり開催いたします。
「かたりつぎ」は、2012年3月から毎年開催し、本年で9回目となります。東北大学アー カイブプロジェクト「みちのく震録伝」で収集した東日本大震災の証言を編集した文章を、 俳優の竹下景子さんが音楽とともに朗読します。大船渡市による災害復興への取り組みや、 「みちのく震録伝」の取り組みの報告等もあわせて行い、ステージ背景には、加川広重氏 (画家)の巨大水彩画「共徳丸と海」を設置します。

開催情報

日 時:2020年3月7日(土) 14時00分開演(開場13時00分)
会 場:大船渡市市民文化会館リアスホール 大ホール
(岩手県大船渡市盛町字下舘下18-1)
主 催:大船渡市、東北大学災害科学国際研究所、宮城学院女子大学、かたりつぎ仙台
実行委員会、復興支援コンサート実行委員会(神戸)
後 援:宮城県、岩手県、福島県、宮城県石巻市、岩手県陸前高田市、福島県川俣町、福島県南相馬市、大船渡市教育委員会、(公財)岩手県文化振興事業団、東海新報社、岩手日報社、河北新報社、朝日新聞盛岡総局、読売新聞盛岡支局、毎日新聞盛岡支局、NHK盛岡放送局、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ
協賛:積水ハウス株式会社、凸版印刷株式会社、さいとう製菓株式会社、日本総合システム株式会社、株式会社キャッセン大船渡、大船渡温泉、大船渡プラザホテル、橋爪商事株式会社
入場料:無料(要申込み・全席自由)

出演者・プログラム

*第一部
挨拶:戸田公明氏(大船渡市長)
講演:角田陽介氏(前大船渡市副市長、復興庁統括官付参事官付企画官)
講演タイトル 「未来志向で新しいまちをつくる(仮)」
報告:東北大学災害科学国際研究所准教授 柴山 明寛
「みちのく震録伝の取り組み」
合唱:大船渡中学校とアカペラユニットXUXUのコラボレーション

*第二部 かたりつぎ
朗読:竹下景子(俳優)
演奏:上野真理さん(violin)、高塚美奈子さん(piano)
巨大水彩画(背景画):加川広重(画家)

司会:飯田 利加
証言編集:水月りの
演出:志賀野桂一
舞台監督:白津守康

申込み方法

<往復ハガキ> 往復はがきに下記を記載のうえお申し込みください。
往信面の裏:①希望人数(1名 or 2名)※ハガキ1枚につき2名まで申込み可能
②郵便番号、ご住所
③申込みされた方のお名前
④お電話番号

問い合わせ先

かたりつぎ仙台実行委員会(東北大学災害科学国際研究所アーカイブ研究分野内)
担当:かたりつぎ仙台実行委員会 事務局(小野)
電話:3/6まで 090−7663−4102 (事務局)

シンポジウム 2020年1月21日 ハーバード大学日本災害DIGITALアーカイブ(JDA)ー教育現場での活用方法(2020年2月28-29日開催)

flyerlanding2

概要

東北大学災害科学国際研究所「みちのく震録伝」と共に,「ハーバード大学日本災害DIGITALアーカイブ(JDA)」プロジェクト(ライシャワー日本研究所)は,この度ワークショックを開催いたします.
東日本大震災発生後間も無く,ハーバード大学在籍の日本からの留学生や大学教職員,日本と関係を持つ学生とスタッフは,未曾有の被害をもたらした複合災害を前に「私たちにできること」を自問自答しました.そして,資金集めや啓蒙のためのシンポジウムの開催に加え,デジタルの災害記録の収集等の活動を通じての長期的な貢献方法として,デジタルアーカイブのプロジェクトを開始しました.試行錯誤を重ね,また多くの関係機関の協力を頂いた結果,今日のアーカイブサイト「ハーバード大学日本災害DIGITALアーカイブ(JDA)」を構築することができました.

日本災害デジタルアーカイブについて

JDAは,常に成長し続ける「参加型」のアーカイブとしてライシャワー日本研究所で構想されたプロジェクトです.一般市民,研究者,学生,そして政策担当者のための情報交換の場である一方,震災の影響を身近に受けている方々にとっては自らの経験を振り返り,記憶を共有する場でもあります.当デジタルアーカイブは,ウェブ上の様々な資料や個人の経験談,ツイート,そして世界中のパートナーによって収集された震災に関するデジタル資料へのアクセスが出来る,高度な検索エンジンです.また,このサイトでは検索だけでなく,ユーザーが自ら選択した資料から「コレクション」を作成したり,興味のあるテーマに基づいてインタラクティブなプレゼンテーションを作ることも可能です.このような「マイ・コレクション」や「プレゼンテーション」をサイト上で公開する事により,収集された資料に様々な角度から意味付けをし,新たな価値を付加する事が出来ます.アーカイブには他にも位置情報付きの資料をリアル・タイムで表示する,画期的な地図機能もあります.詳しくはhttp://jdarchive.orgをご覧ください.
当デジタルアーカイブは,バイリンガルウェブサイトであるため,高校の公民科,あるいは防災・減災教育の授業ではもちろんのこと,英語の授業でも活用していただけます.また大学では,社会科学,人文学,自然科学等の分野でご使用いただけると思います.さらにユーザーが参加・貢献でき,プレゼンテーション機能にも対応しているため,デジタル教育を始め多角的な使い方が可能です.

ワークショップへの参加方法(定員となりましたので募集を締め切りました

本ワークショップは,防災学習を教える中学校・高校・大学の教員,震災デジタルアーカイブの利活用を考えている図書館や自治体,アーカイブ団体などの参加者を募集しております.

中学校・高校の教員:10名程度
大学・図書館・博物館・自治体・アーカイブ団体など:10名程度
※定員になり次第,締切をさせていただきます.また,多数の応募があった場合は,一機関一人とさせていただく場合があります.ただし,聴講のみという参加は可能です.
※参加については,土曜日のみでも問題はございませんが,なるべく金曜日の参加も推奨します.

①氏名,②ふりがな,③ご所属,④メールアドレス,⑤専門等,⑥「両日参加」もしくは「土曜日のみ参加」,⑦ご要望等を記載のうえ,以下のメールアドレスまでご送付ください.
E-mail:archiveforum* irides.tohoku.ac.jp(* を@に置き換えて下さい)

参加費:無料
言語:日本語

参加条件:参加者は,ワークショップ当日までにご自身のアカウント作成をお願いします.また,JDAの基本的概念や使用方法に慣れていただくため,事前に簡単な課題と資料をお渡しします.教員の方々は教育現場でJDAを活用する意思があること,教員以外の方々はそれぞれの所属機関でJDAを利用するか,個人としてJDAに投稿・貢献する意思があることが参加条件となります.

持ち物:デジタルアーカイブを使用するためのパソコン等は運営側でご用意をします(Windows).もし,Apple社の MacbookやMacbookpro等をお持ちの方はお持ちいただけたら幸いです(JDAのシステムがMacとの親和性が高く,トラブル が少ないためです).iPadやiPhone等では,機能が制限されますので,ご注意をお願いいたします.
※中学校・高校の教員で仙台市から遠方の方は,交通費や宿泊費の支弁等を行える可能性があります.ただし,予算の限度が ありますので,すべてのご希望にそえない可能性があります.

ワークショップの日時,場所

日時:2020年2月28日(金)13時ー19時,29日(土)10時-17時30分
会場:東北大学災害科学国際研究所,宮城教育大学 (宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
主催:東北大学災害科学国際研究所「みちのく震録伝」,ハーバード大学ライシャワー日本研究所
協力:宮城教育大学防災教育研修機構

ワークショップのプログラム

2月28日(金)
13:00-17:00 防災観光のツアー(仙台近郊)
18:00-19:00 ハーバード大学ゴードン教授による講演
19:00- 意見交換会
2月29日(土)
10:00-11:00 ハーバード大学自然災害アーカイブ(JDA)の紹介と使い方
11:00-12:00 グループワーク
12:00-13:00 ランチ
13:00-15:00 グループワーク
15:00-17:00 グループワークの発表
17:00- 講評

謝意

本ワークショップは,東北大学災害科学国際研究所「みちのく震録伝」と共に,ハーバード大学ライシャワー日本研究所のJDAプロジェクトが主催します.この場を借りて,JDAプロジェクトより,東北大学災害科学国際研究所「みちのく震録伝」のご尽力と,本ワークショップのスポンサーである国際交流基金日米センター,施設及び運営のご協力をいただいている宮城教育大学防災教育研修機構に厚く御礼申し上げます.

ハーバード大学でのワークショップ風景

シンポジウム 2019年11月7日 令和元年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-震災伝承施設と震災アーカイブ-(2020年1月11日開催)

sympor1leaflet

東北大学災害科学国際研究所は,国立国会図書館との共催により、東日本大震災アーカイブ国際シンポジウムを開催します。
特別講演では、震災伝承施設の海外の事例として、ハワイの太平洋津波博物館(Pacific Tsunami Museum)の取組を紹介します。次に、国内の事例として、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称:ひなぎく)を含む各地の震災アーカイブや震災伝承施設について現状報告を行います。最後に、震災伝承施設と震災アーカイブがどのように関係していくことで、互いの利活用の向上につながるかについて議論します。

日時:2020年1月11日(土)13時~16時30分(開場12時30分)
会場:東北大学災害科学国際研究所棟 1階多目的ホール
(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
共催:東北大学災害科学国際研究所・国立国会図書館

参加及び参加申込み

(1)定員:200名 ※受付は先着順とし、定員に達した時点で終了し、こちらでお知らせします。
(2)参加費:無料
(3)参加申込み:参加を御希望の方は、こちらのお申し込みフォーム からお申し込みください。
※もしフォームを開けない場合は,①氏名,②ふりがな,③ご所属,④メールアドレスを記載のうえ,以下のメールアドレスまでご送付ください.
E-mail:archiveforum* irides.tohoku.ac.jp(* を@に置き換えて下さい)
申込み期限(延長):2020年1月10日(金)17時まで

プログラム

【特別講演】
・「太平洋津波博物館の取組について」資料
マーリーン・スー・ムリー氏(ハワイ太平洋津波博物館館長) (逐次通訳あり)

【報告①】「震災の記録を伝える~震災アーカイブの進捗報告」
・「北海道胆振東部地震から厚真町が伝えたいこと」資料
起田 淳氏(厚真町地域防災マネージャー)
長瀧 夢子氏(厚真町まちづくり推進課企画調整グループ主任)
・「熊本大学の熊本地震アーカイブについて」資料
山尾 敏孝氏(熊本大学名誉教授)
・「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)について」資料
中川 透(国立国会図書館電子情報部主任司書)

【報告②】「震災の記憶を伝える~震災伝承施設の事例報告」
・「防災学習施設「いのちをつなぐ未来館」」資料
臼澤 渉氏(釜石市総務企画部総合政策課震災検証室長)
・「東日本大震災津波伝承館(いわて TSUNAMI メモリアル)」資料
柴山 明寛氏(東北大学災害科学国際研究所准教授)

【パネルディスカッション】「震災伝承施設と震災アーカイブについて」
進行:柴山 明寛氏(東北大学災害科学国際研究所准教授)
パネリスト:報告者全員

お問い合わせ

東北大学災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 災害アーカイブ研究分野
担当:小野,柴山
電話番号:022(752)2099
E-mail:archiveforum* irides.tohoku.ac.jp(* を@に置き換えて下さい)

シンポジウム 2018年12月1日 東日本大震災アーカイブシンポジウム 震災の記録を伝える〜自然災害と防災教育(2019年1月11日開催)

sympoh30top

東北大学災害科学国際研究所と国立国会図書館は、平成31年1月11日(金)に「東日本大震災アーカイブシンポジウム」を東北大学にて開催いたします。東日本大震災の発生から七年半が経過し、2018年は6月の大阪府北部の地震から始まり、各地での台風災害、9月の北海道胆振東部地震の発生、海外でもインドネシアのスラウェシ島地震・津波など、非常に自然災害が顕著な一年でした。本シンポジウムの第1部では、大阪府北部の地震、北海道胆振東部地震の被災状況や震災記録の収集等を紹介します。第2部では、震災アーカイブと防災学習に焦点を当て、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称: ひなぎく)を含め、利用する側と提供する側のそれぞれの立場からの事例報告を行います。第3部では、震災の記録を伝えること、防災学習等に活用することの重要性と課題について議論します。

日時:平成31年1月11日(金)13時00分から16時30分まで(開場12時30分)
会場:東北大学災害科学国際研究所棟 1階多目的ホール
(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
共催:東北大学災害科学国際研究所・国立国会図書館

参加及び参加申込み

(1)定員:200名 ※受付は先着順とし、定員に達した時点で終了し、こちらでお知らせします。
(2)参加費:無料
(3)参加申込み:参加を御希望の方は、こちらのお申し込みフォーム からお申し込みください。
※もしフォームを開けない場合は,①氏名,②ふりがな,③ご所属,④メールアドレスを記載のうえ,以下のメールアドレスまでご送付ください.
E-mail:archiveforum* irides.tohoku.ac.jp(* を@に置き換えて下さい)
申込み期限:平成31年1月10日(木)17時まで

プログラム

  • 開会
  • 緊急報告 大阪府北部の地震、北海道胆振東部地震の状況と震災アーカイブ~アーカイブの初動対応とは
    ・「災害記録の発展的継承を考えるー国立民族学博物館(みんぱく)の活動を通じてー」
    国立民族学博物館 学術資源研究開発センター 教授 林勲男氏
    ・「近年の自然災害からわかる自然災害アーカイブの重要性~北海道胆振東部地震の調査からわかったこと~」
    東北大学災害科学国際研究所 准教授 柴山明寛
  • 震災の記録と防災学習
    ・「多賀城高校が取り組む防災・減災学習」
    宮城県多賀城高等学校 校長 佐々木克敬氏
    ・「いわて震災津波アーカイブと防災学習」
    岩手県復興局復興推進課 推進協働担当課長 多賀聡氏
    ・「使ってみよう︕国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)」
    国立国会図書館電子情報部 主任司書 伊東敦子
  • パネルディスカッション「震災の記録を伝える~自然災害と防災教育」
    ・スペシャルプログラム「ハーバード大と東北大の連携による三者間連携システムについて」(予定)
    ハーバード大学歴史学部教授
    エドウィン・O・ ライシャワー日本研究所 アンドルー・ゴードン氏
  • 閉会

お問い合わせ

東北大学災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 災害アーカイブ研究分野
担当:土屋,柴山
電話番号:022(752)2099
E-mail:archiveforum* irides.tohoku.ac.jp(* を@に置き換えて下さい)

お知らせ 2018年10月1日 いちのせき防災フォトロゲイニング

ichiroge

いちのせき防災フォトロゲイニング公式サイト

  • いちのせき防災フォトロゲイニングとは
    「いちのせき防災フォトロゲイニング」は、地図をもとに、時間内にチェックポイントを回り得点を集める『フォトロゲイニング』という競技を活用し、一関の指定された災害の記録・遺構や防災施設を回りながら、楽しく防災や災害に関する地域特性を学んでもらうイベントです。私たちが住んでいる一関市は、北上川流域と海面との高低差が10m程しかなく、狐禅寺の狭窄部で北上川の川幅が極端に狭くなるため、降り続いた雨水などが北上川を通じて捌けるのに時間を要するという特徴があり、県内でも水害の多い街と言われています。
    特にも昭和22年のカスリン台風、同23年のアイオン台風では、当市は2年連続で恐ろしい大水害に見舞われ多くの尊い命が奪われました。
    そこで私たちは、当時の記憶を風化させず後世に伝えるため、参加者が日頃慣れ親しんだ街の風景に溶け込んでいる「災害の記録・遣構」や「水害を防ぐために施されたハード(対策施設)」などを宝探しのように楽しみながら見つけ、学んでもらうことで市民の防災力向上に繋げてもらいたいという願いを込め『いちロゲ!』を企画しました。
    岩手県内で初めてのフォトロゲイニングが、このー関市において、そして「防災」をテーマとしたもので開催されます。
    ぜひ、ふるってご参加ください。いちのせき防災フォトロゲ実行委員会
  • みちのく震録伝の関わり
    みちのく震録伝は,大会の運営やコース設定などの監修及び自然災害アーカイブとして協力をさせていただいております.
  • 動画でふりかえる3.11
  • 3.11からの学びデータベース
  • 震災教訓文献データベース
  • 津波痕跡データベース
  • 日本災害DIGITALアーカイブ
  • ひなぎく|国立国会図書館東日本大震災アーカイブ
  • いわて震災津波アーカイブ